過熱報道の怖さ。

電撃婚した堀北真希のオメデタ報道。もともと子どもが好きだったらしいから、よかったねー、と思ったら妊娠3ヶ月とのこと。3ヶ月!?報道するの早くない?妊娠の自覚すらない人もいるし、普通は自分の親にすら報告をためらう月数なんだけど。私自身親に伝えたのは5ヶ月に入ってからだったかな。それくらいナイーブな期間なはず。ちょっと報道が先走ってる感が否めない。

梨園の妻、小林麻央の闘病に対しても、海老蔵から報道陣へ“お願い”という名の苦言が出た。マスコミもお仕事だし、そんな扱いされちゃ面白くないんだろうけど、でも妊娠初期にしても、がんの闘病にしても、命に関わる問題を本人そっちのけで嗅ぎまわるってどうよ。そんなナイーブな情報、報道を見るほうだって別に面白くもなんともないわ。口に出したくもないけど、これでもしものことがあったら。それすらこぞって話題にする野次馬根性に恐怖すら感じる。

舛添元都知事の公金不正問題みたいなのは、バンバン明かしちゃって!って思うけど、それに関しても、舛添元都知事の学生の時の彼女にまで取材にいって、ラブレター公開して…って、さすがにそれ関係なくない?知りたくもないし。視聴者はそんなにバカじゃないのよ。

もうちょっと節度ある、っていうか、せめて不快にならない情報を流して下さいよね。とにかくお二人にはお体大切にしてほしいわ。