龍神敗れる。

日本男子バレーが1勝4敗でリオ五輪出場を逃した。あぁ悔しい。だってどのセットも惜しいんだもの。競って競って負けるのはやっぱり悔しい。

オーストラリア戦では石川君が足を痛めるアクシデントに。前回の試合でこれまた足を痛めた柳田君が代わりに入ったけれど、本当に頑張った。彼のサービスエースでどれだけ勢いづいたか。いや、彼だけじゃなくてみんないい仕事してるように見えるんだけどなあ、ズブのトーシローの私の意見だけど。

試合後のインタビューでは涙こそ見せないものの、少し声をつまらせながら反省の弁を述べるキャプテン清水選手と、相変わらずのポーカーフェイスの石川選手のギャップが印象的だった。もちろん悔しいのは伝わってくるけれど、声色ひとつ変えずに淡々と述べるあの堂々とした様子はどうだ。インタビューしている女性アナウンサーのほうがタジタジになるほど。いや、今の子ってすごいね。体操の内村選手と通ずるところがあるけど、これだけ芯が強くなければ世界と渡り合えないんだろうな。

どの競技も昔は“日本人はメンタル面が弱くて…”なんてよく言われたものだけど、最近はそれ専門のトレーナーがいるほど精神面の強化が注目されている。ルーティーンなんて言葉が一般化するんだもの。本当に残念だったけれど、その次の五輪は東京!!ぜひぜひこの若手たちがさらに進化した龍神ニッポンを五輪で見たい。