都知事、終了。

舛添都知事が辞職することが決まった。ようやく。いや、問題発覚当初に平身低頭で説明責任果たせばここまで大事にはならなかっただろうに。こんなに問題が膨らんだあとでは遅すぎる印象しかない。最後まで「不徳の致すところ」って、自分は力足らずなだけで、一生懸命やりました!的なニュアンスが頭にくるわ。図々しい。どれほどの公金を食い物にしたか、さらに選挙でムダ金を失うか。自分のせいだとは思ってないんだろうな。

そして、辞めたはいいけど結局疑惑は謎のままになってしまう。百条委員会は否決されるし、超高額な退職金もでる。逃げ得じゃないか。これもこれで腹が立つけど、繰り返される政治とカネの問題の根幹、政治資金規正法の是正についての話が議員からひとつもでてこないのは何故。性善説にのっとったこのザル法がある限り、問題は繰り返すと思うんだけど。結局、使い道の大小はあれど、どの議員もたたけばホコリが出るってことか。あれだけ声高に批判しつつも、本当に清廉潔白、クリーンな政治家が一体何人いることやら。

次の都知事が誰になるのか予想大会が始まったけれど、なんか期待できないなぁ。有名人じゃなくていいから、最低限清廉潔白にやってくれる人が出てくるといいんだけど。